名古屋市名東区一社 統合医療クリニック提携 補完代替療法・自然療法サロン 

ホリスティック医療

ホリスティック医療

ホリスティック(Holistic)という言葉は、ギリシャ語で「全体性」を意味する「ホロス(holos)」を語源としています。


手術や薬、放射線治療などの西洋医学的治療法は、緊急対処にとても優れています。
そして検査にて、選択した治療法が効いているのかどうか、現状を確認する事が出来ます。
ですが、鬱やアトピー、糖尿病や癌などの慢性的な疾患では、症状を抑えることはできても、根本治療はなかなか難しく、副作用などのリスクもあり、過剰に取り入れる事で健康を損なう恐れもあります。

漢方・鍼灸などの東洋医学や、アーユルベーダやチベット医学などの伝統医療、食事療法やハーブにアロマ、カウンセリングやヒーリング、マッサージなど・・・
補完代替療法やセラピーといわれるものは、自然にあるものを使用したり、体質を改善したりすることで、人が本来持つ自然治癒力を高め、病を克服することを目指します。
ですが、効果を感じるまでに時間がかかるものが多く、明確なガイドラインがない為に選択が難しく、体質や症状に合わない療法もあります。

西洋医学的治療と、補完代替療法を合わせた医療の事を、統合医療と言います。
ホリスティック医療では、身体だけでなく、目に見えない霊性を含めた“body-mind-spirit”のつながりや、環境まで含めた全体的な視点から健康を考えます。
心身共に健康である為に、一番大きくて土台となっているのが「生き方」です。
命が輝く生き方の選択こそが、治療に一番遠いようで、一番重要な事なのです。

何を選ぶのか

初めにお伝えしたい事は『治療法に絶対良いも、絶対悪いもない』という事です。
同じ病気でも、原因や経緯、性格も環境も人それぞれなので、誰かにとっての絶対が、他の誰かの絶対になるとは限らないのです。
●自分の今の症状や状況。
●生活習慣や生き方や思い方など、病になった原因とプロセス。
●今ある環境や状況など。
に合わせて組み合わせる事をお勧めします。
 
『例えば、とても痛みが強い症状があるとしたら?』

痛みは交感神経を高ぶらせ、睡眠不足と重なれば、自律神経のバランスが大きく崩れて、免疫力も体力も低下します。
痛み止めで対処をしながら、痛みの原因となる傷や病、その原因と向き合う事をお勧めします。
 
『例えば癌だとしたら?』
今ある症状や進行のスピード、体力や体質によりますが、緊急対処的に手術などの三大療法を取り入れた方が良い場合もあります。
三大療法を取り入れた場合、その副作用やリスクを軽減するためにも、補完代替療法と合わせて取り組むのが良いでしょう。
癌は生活習慣や生き方に大きく関係する病ですので、三大療法での対処で姿を消したように見えても、その原因を見直さなければ、再発の可能性が大きいです。
 
西洋医学的治療法は、あくまでも対処療法です。
そこに依存するのではなく、上手に足止めをしながら、自己治癒力を高める療法を取り入れると良いでしょう。
 
補完代替療法、セラピーはとても沢山ありますので、何が自分に良いか選ぶことが難しいですが、自分の体質や病の原因・ものがたりに目を向けると選択しやすいです。
そして何より、『心地よいと感じるもの』を選びましょう。

PAGETOP
Copyright © Holistic Therapy – みちあかり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.