名古屋市名東区一社 統合医療クリニック提携 補完代替療法・自然療法サロン 

主なセラピー

カウンセリング

全ての事には原因があり、結果として表れています。
原因は一つではなく、複雑に重なり、絡み合い結果を出しています。

同じ病気や状況でも、原因はそれぞれ違いますが、相談者にとって、何が問題になっているのかを見極める目と、適切な解決手段が問題解決には必要となります。

知識や経験からだけではなく、伝わるもの・感じることなどから、問題を根本解決するため、より豊かな未来を切り開くために、必要なアドバイスをお伝えいたします。

 

ヒーリング

生命エネルギー・氣・オーラなどと呼ばれる、エネルギー体を整える手当て療法です。

「病は氣から」と申しますように、エネルギーを整えることにより、精神的な開放を促し、心身の自己回復力を高め、肉体部分の損傷、病にも、驚くほどの回復効果を期待する事ができます。

海外では健康保険が適応される国や、看護師学校の必須科目として授業に取り入れられている国もあり、代替療法の中ではバイオフィールド療法として位置付けられています。
近年では情報医療として研究が進み、科学的にも量子力学などで証明されつつあります。

 

生体自然療法

池内秀暢先生が考案された、基本となる生体メカニズムを整える為の自然療法です。

西洋医学的な身体観と、生活習慣や体質、氣の流れなど、全体のバランスを重視した東洋医学的な身体観を融合し、人が本来持つ自然治癒力を高めていきます。

生体自然療法が考える、慢性疾患や不調の主な原因は二つあります。
一つは生活習慣の乱れ。そして、もう一つは様々なストレスです。
精神的なストレスだけではなく、痛みや痒みなどの不快症状、食品添加物、大気汚染、化学物質、電磁波など、現代社会には生きていく上で避けられないストレスが沢山潜んでいます。
このようなストレスを慢性的に受け続けると、脳のダメージは知らず知らずの間に蓄積していきます。

脳の役割は全身から送られてきたあらゆる情報を受け取り、神経系やホルモン系、血流などを通して全身をコントロールする司令塔です。
脳からの誤った指令が自律神経に伝わると、自律神経失調症になります。
ホルモンが過剰に放出されたり、放出されなかったりして起こる病気もあります。
免疫機能が過敏になりすぎるとアトピー、花粉症、喘息などのアレルギー疾患になる可能性が高まりますし、免疫機能が弱くなると感染症にかかりやすくなります。

生体自然療法では、脳の仕組みを利用して、身体から神経系を介して最適な刺激を脳に送り込み、脳内環境を整えます。

他にも呼吸法や運動療法などのセルフケアや、食養生など、症状や体質、お身体の状態、生活習慣などを考慮してのアドバイスをさせて頂きます。

 

頭蓋仙骨調整法(クラニオセイクラルセラピー)

主に頭蓋骨から仙骨に軽く触れる手技によって、脳脊髄液の流れを改善する療法です。

正常な頭蓋骨は、わずかですがリズム良く動き、その動きで脳脊髄液が循環しています。
これは胎児の時から始まる1次呼吸と言われ、生体機能の軸ともいえる活動です。

ストレスなどよって筋肉や脊髄硬膜は異常に緊張し、脳脊髄液の循環が悪くなります。
脳脊髄液の循環不良は、脳の正常な働きや神経伝達を阻害し、頭痛やめまい、視力低下や難聴などの頭部にある症状や、自律神経や免疫、ホルモンバランスの崩れなど、多くの疾患に影響しています。

 

その他

エッセンシャルオイルを使ったセラピーなど、様々な癒しを取り入れて、お1人ずつに合わせた最善のセラピーを目指します。

PAGETOP
Copyright © Holistic Therapy – みちあかり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.