名古屋市・関市 統合医療クリニック提携 補完代替療法・自然療法サロン

HolisticTherapy みちあかり

♦セッション中などで、お電話に出られない場合は、改めてお掛け直しをさせていただきます。

♦セッション中などで、お電話に出られない場合は、改めてお掛け直しをさせていただきます。

  • LINEでのご予約

concept

コンセプト

ホリスティック医療とは

ホリスティック医療は、
『人間をまるごと全体的にみる医療』です。

いのちの営み全体をありのままを見つめ、病気でない状態が健康であるという事ではなく、与えられている条件において、最良の「いのちの輝き」を得ている状態を健康と考えます。

「からだ」とは、肉体・精神・心・魂の総体です。
からだの内側、そしてからだを取り囲む環境との調和の乱れは、私たちの心や肉体、生活に現れてきます。
それが時には病となり、悩みとなり、生活を脅かす脅威となり、不調和であることを知らせてくれるのです。

治療と養生

治療とは、今ある症状に対する対処法です。

西洋医学はその代表で、緊急性がある状況に対し、優れた効果を発揮することが多くあります。
ですが、別のどこかに不調和が起こることや、副作用などもあり、それだけで根本的な治癒や、健康を取りもどす事は難しいでしょう。

養生とは、言葉の如く「いのちを養う」こと、調和を整えることです。
様々なセラピーでの癒しや、食事や運動などでの自己療法。
自然に触れたり、生活習慣や生き方を見直すことまで、とても幅広く深みがあります。
即効性や強い対処力を求めることは難しいですが、何より重要な「土台」の部分です。

治療と養生の違いと理解した上で、自分自身の状況に合わせた選択を、バランス良く取り入れて行くこが出来ると、本来の調和が取れた状態に早く近づけることが出来ます。

『病のものがたり』からのアプローチ

心が病む。身体が病む。
病は『あなた本来の生き方から離れている』という、心身からのメッセージです。

人は本来、「自然治癒力」という治る力を持っています。
その力を知らず知らずに阻害してまう生き方を続けていると、病は声を上げるのです。
その原因は、食事や運動、睡眠などの生活習慣のみならず、薬品類の過剰な使用、思考の癖や心のあり方、暮らし方や環境など様々。
特に近年では、電磁波などによる脳ストレスの問題も大きく影響しています。

同じ症状であっても、そこに至る原因・経緯は人それぞれに違います。
今の自分自身の状況と、そこに至る「病のものがたり」
それがわからなければ、どう調和を取り戻せば良いのかもわかりません。
病だけではなく、悩みや生き辛さも同じです。

みちかありでは、症状の改善だけではなく、その原因の糸口を探して紐解き、「生き方の転換」を同時にサポートさせて頂きます。

自分自身のことがよくわからない。
何を選択したら良いのかわからない。
そのような場合も是非一度ご相談ください。

人生という道のりに
温かな みちあかり を灯すようなセラピー

VOICE

お客様の声一覧を見る

POINT

EXAMPLE01

鬱・パニック症などの精神疾患でお悩みの方

鬱、パニック症、統合失調症など、精神疾患にも様々な症状があります。
同じように見えても、実は似て非なる症状の場合もあります。
例えばパニック症では
①神経の情報処理能力が追いつかないタイプ。
②感情が高ぶり過ぎ、脳神経の反応に支障が出てしまうタイプ。このような違いがあると経験から感じますが、それぞれ必要なケアも違います。

現在置かれている環境や、心の傷、育った環境で出来た人格や固定観念など、沢山の問題が重なり合っていることが多く、解きほぐすにはとても繊細な技術と感性、そして病への理解が必要です。心の問題だけではなく、栄養不足や環境による脳ストレスなど、思わぬことが原因の事もあります。

何年も病院で治療したけれど治らなかった。そんな症状も、原因に寄り添うケアを受ける事で、短期間で改善することがあります。経験したからこそわかる事もある。精神疾患への施術経験も豊富ですので、まずは一度お気軽にご相談ください。

EXAMPLE02

ガンでお悩みの方

がん治療は、様々な治療に関する情報があふれかえり、自分に必要なものを選択することがとても難しい病です。
現在のガンの大きさや種類、進行のスピード、体力などの状況や、置かれた環境。そして何より、『自分が何故ガンになったのか?』によって、必要な選択は大きく異なると思います。
ガン患者さんには、『我慢・頑張る・頑固』の精神的傾向の方が、とても多くみられます。特に頑張り屋の方は、それが当然であったり、まだ足りないと思ってしまい、自覚がない方も多いのですが、身体の状態にはハッキリと無理が表れていたりします。そしてその無理がガンを作っているのに、我慢する事、頑張る事で解決しようとし、その方法に拘ってしまいがちです。辛い食事制限や、キツイ運動療法など・・・逆効果になっているような場合もよくあります。みちあかりでは、ガンの原因をリーディングさせて頂く事により、お身体の状況や精神的な問題、生活や環境も考慮しながら、今必要な治療法の選択をお手伝いさせて頂くことが出来ます。「何を選択してよいかわからない」というような場合も、是非ご相談ください。

EXAMPLE03

アトピー、自己免疫疾患にお悩みの方

アトピー性皮膚炎は皮膚の病ではなく、自己免疫疾患です。
自己免疫疾患とは、自分の免疫が自分自身を攻撃してしまう病で、様々な症状として現れます。

●アトピー性皮膚炎 ●喘息や鼻炎などのアレルギー症状 ●膠原病やリュウマチ ●甲状腺機能障害など

他にも沢山の症状がありますが、本来は体を防衛する筈の免疫が過剰に反応し、自分自身を攻撃しているという仕組みは同じです。

精神的ストレスや、携帯やパソコンなどによる脳ストレス。偏った食事、投薬や食品添加物などで、腸内環境が悪くなっている事。全身の氣・血・水の循環や、代謝不良などが原因で、十分な排毒が出来ない事。運動不足による全身機能の低下などが原因で、自己免疫疾患の方がとても増えています。
腸内環境を整える事はとても重要です。腸がナーバスになると、神経もナーバスになり、免疫の過剰反応に繋がります。運動療法や呼吸法など、ご自身で取り組む事が出来る自己療法も大変有効ですが、毎日の痒みや痛みに対し、ご家族などが出来る簡単なセラピーの講座も開催しております。
無理な断薬はお勧めしておりません。痒みや痛みを我慢することで、神経が高ぶり強いストレスとなったり、神経トラウマとして痛みや痒みを記憶してしまう事がある為です。
アトピーであれば、塗るステロイドを少しずつハーブクリームに切り替えたりなど、症状を見て無理のないよう断薬のサポートもさせて頂きます。
まずは一度ご相談ください。

LINE

LINE

MEDICAL INSTITUTION

統合医療クリニックに選ばれる理由

ホリスティック医学協会などの交流の場で、同じ志を持つ医師や療法家の方々と、積極的な意見交換や、症例検討を重ねてきました。

より良い医療のあり方を共に模索していく中で、医療に向き合う姿勢や人柄、セラピー実績に対する信頼が得られ、医療機関と提携し、更なる学びや可能性を広げ、チーム医療としての、新たな経験と実績を積み重ねています。

リボーン洞戸にて記念講演会があり、その中でセッションについてのお話をさせて頂きました。 より健康で豊かな人生へと生き方を変えるための糸口を、一緒に探すお手伝いをしています。

SESSION

080-5101-3739

LINEでのご予約

セッション中などで、お電話に出られない時がございます。
留守番電話にお名前とメッセージを残して頂ければ、お掛け直しをさせて頂きます。

カレンダーからご予約の際は、メッセージ欄にご希望のセッションプラン(新規90分・2回目以降60分又は90分)をご記入下さい。 120分以上のお時間を希望される場合は、60分2枠でのご予約をお願い致します。
※急な時間延長は難しくなっております。ゆったりとしたセッションをご希望の方は、90分以上でのご予約をお勧め致します。
遅刻をされますと、その分お時間が短くなってしまいます事をご了承下さい。

遠隔セッション・講習会やお話し会などへのお申し込みは、お電話かLINEでお願い致します。

2022年11月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     

予約をする